川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

溶解炉システムフロー

溶解炉システムフロー図

回転炉の容量と操業条件例

炉容量1t2t3t5t8t12t
溶解時間(min/ch)708085100120130
燃料消費量LPG(Nm3/t)342927262524
LNG(Nm3/t)826965636158
 酸素消費量(Nm3/t)197165157150146140

鋳鉄溶解炉の比較

溶解炉キュポラ電気炉回転炉
作業環境粉塵量 5~12kg/t粉塵量 0.3~0.5kg/t
夜間操業 多い
粉塵量 0.5~1.0kg/t
溶解方法送風でコークスを燃焼電気で誘導加熱純酸素バーナで溶解
操業性連続操業
ノウハウ、経験が必要
バッチ操業
容易な操業が可能
バッチ操業
容易な操業が可能
耐火物補修頻繁な補修が必要50~150chごと200~300chごと
溶解原料多様な原料が可能良質なスクラップ
表面処理鋼板は不可
多様な原料が可能
ダライ粉、シュレッダーも可能

関連するページ

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665