川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

ホーム  /  ブログ  /  ガス法規  /  第6080号 高圧ガス保安法直近の改正内容 Part2

第6080号 高圧ガス保安法直近の改正内容 Part2

高圧ガス保安法直近の改正内容その二

引き続き、直近の高圧ガス保安法、一般則関係の
変更、改正内容を抜粋いたします。

改正条
 容器則第2条、8条、10条、13条、18条、19条、24条、26条
     27条、29条、33条、34条、37条、38条及び一般則第6条
     18条、49条、50条、94条の2から94条の7
改正年月日 平成29年5月9日 経済産業省令第43号  
     刻印国際圧縮水素自動車圧縮水素二輪自動車氏名等の
     表示試験サイクル数

改正の概要
     圧縮水素二輪自動車装置用容器及びその附属品について
     国際圧縮水素自動車燃料装置用容器等と同様の内容の規定
     が定められた。

改正条項
     施行令第2条、第3条の表、第10条
改正年月日 平成28年11月1日 経済産業省令第105号
     フルオロカーボン第一種ガス認定保安検査認定完成検査
     適用除外高圧ガス

改正の概要
     フルオロオレフィン等の新冷媒の冷凍機器等への利用促進のための
     規制の整備、水電解水素発生昇圧装置に係る技術上の基準の整備、
     設備内の高圧ガスの容積が0.15m3以下のエアバッグガス発生器や
     救命胴衣内の高圧ガスについての技術上の基準の見直し、毒性ガス
     の定義の見直し、スクーバダイビング呼吸用ガスに係る販売主任者
     に関する規定の見直し等が行われた。

改正条項
     施行令第2条、第3条の表、第10条
改正年月日 平成28年10月28日 政令第340号  
     フルオロカーボン第一種ガス認定保安検査認定完成検査適用除外
     高圧ガス

改正の概要
     1,高圧ガス保安法の適用除外となる少量の高圧ガスを利用する製品
       (エアバッグ等)内の高圧ガスが追加された。②地球温暖化等の
       環境負荷の小さい微燃焼の新冷媒(フルオロオレフィン1234yf等)
       を第1種ガスに追加。
     2,IoT、ビッグデータ等により高度な自主保安を行うことができる者
       の認定に係る有効期限が2年延長され、7年となった。

ボイラー則 (ボイラー及び圧力容器安全規則)
改正条項
     規則第25条第2項、及び第3項。省令第1章の6、第1章の8
改正年月日 平成28年9月20日 厚生労働省令第149号
     世界技術規則圧縮水素
改正の概要
     ボイラーについて、従来の機械式の安全装置等に加え、新たに電子
     等制御機能を付加することによるリスク低減により水面測定装置の
     機能の点検の頻度が緩和された。また、電子等制御機能を有するボ
     イラーが厚生労働大臣の定める技術上の指針に適合していることの
     認定手続き等が規定された。さらに、登録適合性証明機関及び指定
     外国検査機関について規定された。

改正条項
     一般則第2条、第6条第8条、第8条の2、第12条の2、第12条の3
     第49条、第82条
改正年月日 平成28年2月26日 経済産業省令第10号
     ディスペンサー圧縮水素圧縮水素スタンド圧縮水素運送自動車用
     容器移動式圧縮水素スタンド第一種保安物件第一種設備距離第二種
     保安物件第二種設備距離

改正の概要
     燃料電池自動車及び圧縮水素スタンドの普及に向け、従来、公道と
     ディスペンサーの間の距離は8mとされているが、今回、保安上支障
     のない状態を維持することにより距離の短縮ができることとなった。
     さらに、処理能力が30m3/日未満の小規模な高圧ガスの製造業者が
     圧縮水素スタンドの設置を可能とする基準が定められた。また、
     現在の移動式製造設備の基準は高圧ガスの工場等から需要家へ輸送
     し、荷下ろしするためのローリーやトラック等に対応する基準であ
     るが、これを圧縮水素スタンドに適用可能なように改正された。

改正条項
     容器保安規則第2条、8条、液化石油ガス保安規則第13条、19条、48条、49条
改正年月日 平成27年2月24日 経済産業省令第8号
改正の概要
     一般消費者が屋外等で使用する液化石油(LP)ガス用一般複合容器
     として、プラスチックライナー製一般複合容器のうち、液化石油ガス
     を充塡したケーシングのある容器が定められた。

改正条項
     一般則第7条の3第1項、第2項、第3項、一般則第8条、一般則第49条、一般則第64条
改正年月日 平成26年11月20日 経済産業省令第58号
     付属冷却設備圧縮水素液化スイソタンクローリー液化水素ガス蒸発器
     複合材料貯槽配管

改正の概要
     圧縮水素スタンドの設置等については、事業所毎に都道府県知事の許可
     が必要であり(法第5条第1項)、許可を受けるためには経済産業省令で定
     める技術上の基準に適合する必要がある(法第8条)と規定されている。
     今回、圧縮水素スタンドへの液化水素貯槽の設置、液化水素タンクロー
     リー、付属冷却設備、蓄圧器等に関する技術上の基準が定められた。

改正条項
     一般則第46条(法第22条第1項第4号)
改正年月日 平成26年9月17日 経済産業省令第46号
改正の概要
     輸入検査の適用除外とする自動車用エアバッグガス発生器内の高圧ガス
     の条件が改められた。

改正条項
     高圧ガス保安法施行令関係告示第2条(法第3条、施行令第2条関係)
改正年月日 平成26年7月18日 経済産業省告示第155号
     エアコンディショナーフルオロオレフィン123yfフルオロカーボン
     冷媒回収装置

改正の概要
     本改正は、フルオロカーボン回収装置の取り扱いに係るものである。
     高圧ガス保安法では、自動車用エアコンの整備に不可欠なフルオロ
     カーボン回収装置(浄化機能又は充塡機能を有するものを含む。)
     について、回収の対象がフルオロカーボンのうち不活性ガスの場合
     には法の適用を除外するとしている。冷媒としての使用が進みつつ
     あるフルオロオレフィン1234yf(GWP<1)に対応するために、
     今回、法の適用除外規定を「可燃性ガス」であるフルオロオレフィン
     1234yfの回収装置まで拡大するための改正が行われた。

改正条項
    容器保安規則第2条、第8条、一般高圧ガス保安規則第6条、コンビナート
    等保安規則第5条
改正年月日 平成26年5月30日 経済産業省令第30号
    世界技術規則圧縮水素
改正の概要
    国際的には、「水素及び燃料電池の自動車に関する世界技術規則(以下
   「世界技術規則」という)が平成25(2013)年6月に採択され、これを国内
    に取り込むために、容器保安規則等の一部が改正された。これにより、
    世界技術規則によって規定された自動車の燃料装置用として圧縮水素を
    充塡するための容器を「国際圧縮水素自動車燃料装置要容器」として新
    たに定義され、当該用に係る「最高充塡圧力」、「耐圧試験圧力」「試
    験のサイクルの回数」等が定義された。

改正条項
    一般則及びコンビナート等保安規則第7条第1項、第2項、第7条の2第1項
    第7条の3第1項、第2項
改正年月日 平成26年4月21日 経済産業省令第23号
    処理設備圧縮天然ガススタンド圧縮水素貯蔵
改正の概要
    圧縮天然ガススタンドの処理設備及び貯蔵設備と圧縮水素スタンドの
    処理設備及び貯蔵設備の設置要件として、6m以上離れていることに加
    え、それと同等以上の措置を講じた場合が、新たに規定された。

改正条項
    規則第21条第2項、第28条第2項、第31条第4項(法第48条第1項関係)
改正年月日 平成26年3月31日 経済産業省告示第63号
    圧縮水素漏えい試験
改正の概要
    自動車燃料装置用容器等の漏えい試験に関する規定が改正された。

改正条項
    第2条、第8条
改正年月日 平成25年5月13日 経済産業省令第23号
    圧縮水素燃料電池自動車
改正の概要
    燃料電池自動車の普及と安全性確保を前提として、自家用乗用車に
    ついて新たに「低充塡サイクル圧縮自動車燃料装置用容器」を規定
    し、また当該容器と他の容器を区別できるようにするために、新た
    に「低充塡サイクル圧縮自動車燃料装置用容器」にその旨刻印する
    ことが規定された。

高圧ガス、低温機器、真空機器
川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : info★klchem.co.jp
※★を@に代えてお知らせください

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 皇紀2680年(西暦2020年)
令和3年9月 24日 金曜日 有明月 

二十四節気 第十六節気   秋分(しゅうぶん)
七十二候  第四十六候   雷乃声収(かみなりすなわちこえをおさむ)


23日午後9時、マリアナ諸島のグアム島の近海で、
台風16号が発生しました。

気象庁によりますと、24日午前3時には、中心気圧1002ヘクトパスカル、
最大風速は18メートル、1時間に20キロの速さで西に進んでいます。

今後、台風16号が進む日本の南海上の海水温は、30℃以上と高いため、
台風は徐々に勢力を強めるでしょう。

26日3時には「強い」台風に、28日午前3時には「非常に強い」
台風に発達するとみられます。


天気  晴れ所により曇り
気温  29℃ (PM3:00)
ボンベ庫温度 朝24℃ 昼℃ 夕℃
弊社 太陽光発電総発電量 31.5kwh

埼玉県のPM2.5観測地点 13g/m3(さいたま市城南)
本日の電力最大消費率は?
(エレクトリカル・ジャパンElectrical Japan(PM3:00)より)
北海電71%、東北電82%、東京電84%、中部電85%、北陸電78%
関西電87%、中国電83% 四国電75%、九州電71%、沖縄電76%
利根川上流域の関東9ダム貯水率は?
09/24 15:00   353,637 千m3   96.0 %    63.24 m3/sec
(利根川ダム統合管理事務所河川情報より)
(藤原・相俣・薗原・矢木沢・奈良俣・八ッ場・下久保・草木および渡良瀬貯水池)

*Twitter世界トレンドより
1位:#あなたを秋の色で表現すると
2位:#身長から150cm引いた数だけ喋れる
3位:まーちゃん卒業
4位:ポケモンコイン
5位:商品化予定

西野亮廣氏ブログ
【西野亮廣】すべての創造は「編集作業」だ

今日のコロナ人数
09/24    人

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/pref/tokyo.html

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665