川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

ホーム  /  ブログ  /  ガス法規  /  第4890号 防消火設備用炭酸ガス64リットル容器の容器再検査周期は?

第4890号 防消火設備用炭酸ガス64リットル容器の容器再検査周期は?

防消火の目的で炭酸ガスを使用して火を消すための消火用設備として
設置されている64リットル炭酸ガス容器には、定期的な容器再検査
が通常のボンベと同じく義務付けられております。

さて、通常、火事でもない限り防火設備に備え付けられたまま容器再
検査期間を経過しても満タンのまま設置された炭酸ガスボンベには容
器再検査は不要なのでしょうか?

一般のガスボンベ同様に、容器再検査とは容器に高圧ガスを再充填す
る際に必要となる検査になります。よって、満タンのまま設置されて
いる炭酸ガス消火設備用ボンベにつき、ガスの再充填が必要にならな
い限り検査は不要ということになります。

消火用ガスとして使用しているボンベは、再充填する必要が生じた時
点で容器検査合格後5年間を経過した炭酸ガスなど充填されている一
般継ぎ目なし容器(’シームレス容器)は、容器再検査を受検する必要
があります。

高圧ガス保安法では、高圧ガスを充填する際に

「容器検査または容器再検査を受けた後、5年以上(炭酸ガスなど充填
されている一般継ぎ目なし容器の場合)経過している容器は容器再検
査を受けて、合格したものでなけらばならない」
関連条文
法第四十八条第一項
容器則第二十四条

ということを規定しております。

高圧ガス、低温機器、真空機器
川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : info★klchem.co.jp
※★を@に代えてお知らせください

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 皇紀2680年(西暦2020年)
12月 18日 金曜日  有明月

二十四節気 第二十一節気  大雪(たいせつ)
七十二候  第六十三候   鱖魚群(さけのうおむらがる)

今季最強の寒気による大雪で多数の車が立ち往生した新潟、
群馬県境付近の関越自動車道で18日、東日本高速道路などが除雪作業を進めた。
午前6時すぎに下り線の立ち往生は解消したが、上り線に多数の車が残されており、
東日本高速によると、正午時点で約千台を確認した。同社はドライバーの安全を
確保するとともに復旧を急ぐ。


天気 晴れ
気温 11℃(PM3:00)

ボンベ庫温度 朝1℃ 4℃ 夜4℃
弊社 太陽光発電総発電量 5.3kwh
埼玉県のPM2.5観測地点   8μg/m3 (さいたま市城南)
本日の電力最大消費率は?
(エレクトリカル・ジャパンElectrical Japan(PM3:00)より)
北海道90%、東北83%、東京電80%、中部電80%、北陸電83%
関西電81%、中国電81%、四国電75%、九州電76%、沖縄60%
利根川上流域の関東9ダム貯水率は?
12/18 15:00 468,874千m3 85.0% 34.651m3/sec
(利根川ダム統合管理事務所河川情報より)
(藤原・相俣・薗原・矢木沢・奈良俣・八ッ場・下久保・草木および渡良瀬貯水池)

*Twitter世界トレンドより
1位: 田中俊太
2位: 田中俊太
3位: #流行禁句大賞2020
4位: あなたの所持率
5位: キャラカード所持率チェッカー

西野亮廣氏ブログ by Ameba 
【笑われても殴られても捨てられなかった夢がある】

今日のコロナ東京都感染者数は?
12月18日 664人

データー元資料
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665