川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

真空溶接ベローズ製作品 どうぞご下命ください!

 数ミクロンを競う半導体や薄膜作成、極微細な細胞分析、果てはウイルスの組織を
操作する真空の世界には欠かせないものがフレキシブルホースです。

可動部や自ら振動を発する真空ポンプなどを、除振し、コンマ数ミクロンを見ようとして
いるのみ手元がブレる揺れを抑えるこのフレキホース職人技の結集です。

2014.04.07溶接フレキ1.jpg
真空溶接ベローズフレキ 製作品

ご存じない方でも一見両端がフランジ状になっていてその間がステンレスのジャバラ
ホースのように見えると思います。

このジャバラ部分が肝なんです!

2014.04.07溶接フレキ2.jpg

ジャバラ状の ホース部分の 「ひとヒダ」 「ひとヒダ」 が超薄肉のステンレス溶接
されているんです。

上手く伝わらないのを承知で表現しますが、ジャバラ状の 「山」 の部分と 「谷」 の
部分を肉厚コンマ数ミリですがステンレスティグ溶接しており、尚且つ、溶接のビード
にブレがあっては漏れてしまいますが、世界一分子の細かなヘリウムや水素レベル
のガス分子でも通過しない確実な溶接施工が為されているんです。

2014.04.07溶接フレキ3.jpg

この溶接ベローがあるお蔭で、宇宙空間でスペースシャトルのロボットアームが自由
に動けるのです。

真空に関するほぼすべての可動部には、この溶接ベローズフレキホースが流用され
ているのですよ!

真空機器、真空フレキ、真空配管、液体窒素用真空二重配管工事まで
川口液化ケミカル株式会社までご相談下さい。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail : info★klchem.co.jp
※★を@に変えてお知らせ下さい。

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2014年4月7日 月曜日
 ※STAP細胞が本当に存在するかを調べる理研の検証チームは7日、東京都内で会見し
  詳細な実験計画を公表し論文不正の判明で細胞の存在は大きく揺らいでおり、実験を
  再現できるかは不透明だとしています。
  検証実験は理研発生・再生科学総合研究センターの相沢慎一特別顧問が責任者を務め
  論文共著者の丹羽仁史氏が実験を担当し本来は担当すべき小保方晴子氏は
  「実験できる精神状況にない」(相沢氏)として、検証チームには参加させない方針を示しました。

 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝7℃、昼14℃、夜15℃
 花粉指数 50個未満 多い 
 本日の電力最大消費率は?
 電力使用量計測サイトより
 東電84%、北陸電ND、中部電90%、関西電81%、中国電88%、四国電92%、九州電93%
 北海道電83%、東北電86%

 *twitter ランキング
 1位:ふなっしー、2位:キスマイ、3位:入学式
 4位:ニノ、5位:セカオワ
です。

やっぱり自分が一番知っている 

 今、自分がやらなければならないことは

 本当は、分かっているはず。

 自分で自分に問いかけて

 静かに本心を感じてみる。

 何に抵抗しているのか?

 誰に言い訳しているのか?

 何を変えるのがイヤなのか?

 どうなることを恐れているのか?
 
 都合のいい逃げ道をつくっていないか?

 そもそも

 本当は、どうしたいのか?

 本来は、どうありたいのか?

 そうやって奥深く問いかけ

 偽物の自分をかき消し、振り払い

 本物の自分の声に耳を傾ける。

 そうすれ

 自然と

 心の緊張と抵抗が消え、言動も変わり

 現状が回転し始める。

(小田真嘉氏成長のヒントブログより)

 by との

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665