川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

ガス漏れ

ガス漏れが起こってボンベの酸素が無くなってしまい困っています!

そんな連絡をいただき現場に急行してみると・・・

医療1.JPG
海外製特殊型ボンベホルダー

イギリス製の医療用酸素設備で日本のメーカーではないため、ボンベを
供給するガス販売店にまで匙を投げられたのだとか・・・

医療2.JPG
医療用ボンベ側継手部

動物病院尾医療用とは言え、治療中や施術中に酸素が無くなって動物が
危険な状態になってしまったのだそうだ。

医療3.JPG
劣化したアウターリング付きガスパッキン

ボンベと設備側とを繋ぐ部分からガス漏れしているようなのでパッキンを
外してみて見ると、パッキン材が硬くなっており、これではガス漏れを止
めるパッキン本来の役目を果たすことが出来ない訳です。

ところが・・・

弊社では医療用ガス機器など詳しくはないので、医療用ガスを扱っているガ
ス供給会社に連絡を取れども、どちらも「海外製はよく解らない」とか「そ
んなパッキン見たことない」とか「急には用意できない」などつれない返事。

動物病院の先生が嘆くのもわかります。

結局、急ごしらえでナイロン製パッキンを特注で製作してどうにかガス漏れを
止めることができ、急患が出る前に補修ができたと医院長様からご連絡があり
ました。

急な対応は出来ないこともあると思いますが

・面倒くさい
・海外機械メーカーに頼んだら
・何でうちがあなたのためにやらなきゃならないの
・急な対応しろと言われたって迷惑だ

などなど、先生も各方面のガス業者から素っ気ない対応をされたそうです。

困っていたらお互い様の精神で、出来るだけのことを対応して参りたいと思います。

高圧ガス設備、高圧ガス配管工事のことなど
川口液化ケミカル株式会社までご連絡ください。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987
E-mail :CutHere_info@klchem.co.jp
※アドレス先頭のCutHereはスパム対策です。

ありがとうございます

今日の埼玉県川口市のお天気は?
 2012年4月4日 水曜日
 ※兵庫医科大学+大阪大学チームはが花粉症の症状の原因となる物質を突き止めたと
  発表しました。鼻の粘膜で炎症を引き起こすたんぱく質「インターロイキン33(IL33)」
  が放出され、その刺激で、くしゃみや鼻水、鼻づまりを直接引き起こす物質が作り出されて
るのだそうです。

 天気 はれ
 ボンベ庫の温度 朝11℃、夜14℃

です。

 相手の対応が悪いからといって

 自分の態度も悪くする必要はない

 「相手が変わったら、自分も変わるよ」

 なんて思っていたらずっと関係も状況も変わらない
 

 相手に対してどんな態度が理想なのか?

 それを常に振る舞えばいい

 もし

 「でも…」

 「だって…」

 と、言い分があるのであれば

 それこそが今、心が乗り越える課題(テーマ)

(小田真嘉氏成長のヒントブログより)

 by との

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665