川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

微圧調整器

 ガス圧力調整器は、ボンベの圧力や機械や装置で使用したい小さな圧力に下げる
役割を担っているガス機器です。

微圧調整器1.JPG
Min 0.01MPa 仕様微圧調整器

一般的な窒素ガスボンベの場合 14.7MPa (旧単位 150kg/cm2) の圧力を 0.1 MPa(1kg/cm2)
などに下げて(調整して)圧力調整器出口から窒素ガスが調圧されて出てきます。
このとき、使用する一般的な圧力としては 0.1MPa や 0.2MPa 程度が多いようで
すが、精密分析装置や微圧デジケーター、入口圧力の変動厳禁であるマスフロー
コントローラーなどには弱い圧力で安定した窒素ガスを供給する必要あります。

汎用調整器では 0.0○ MPa を調整して安定した圧力で窒素ガスを制御することが
できません。
そのような場合には、Min 0.01MPa まで調整の出来る微圧用調整器が必要です。

微圧調整器2.JPG
0.01MPa (二次圧力計)まで調圧可能な二段減圧調整器 

汎用調整器は高圧ボンベの圧力調整機構が当たり前ですが1段階で調整しています。
微圧調整器の二段調整器は、2段階に分けて圧力を下げます。
窒素ボンベ 14.7MPa を 1MPa 程度まで1段目で減圧し、2段目の調整機構で更に
0.0○MPa まで2段階に分けて下げる訳です。

微圧調整器3.jpg
2段調整器を横方向から見た様子

上の写真でも分かる通り、普通の調整器では調圧ハンドル側にだけ出っ張っていま
すが、二段調整器は調圧ハンドルの逆側(写真の下側方向)にも出っ張っています。
調整器を正面から見た背面側で1段階目の減圧をし、正面側の2段階目の調整機構で
微圧を調整します。

すると・・・

0.0○ MPa の低い圧力でも安定して装置やガス機器などに窒素ガスを流すことが出来
ますし、入口および出口側条件の変化にも1段減圧調整器よりも安定した圧力を供給
することができるのです。

微圧のガスが必要な装置や安定した圧力を必要とするMFC/MFMなどに使用する
二段減圧調整器(レギュレーター・減圧弁)のことなら
川口液化ケミカルケミカル株式会社までご相談ください。
TEL 048-282-3665
FAX 048-281-3987

※アドレス先頭のCutHereはスパム対策です。

ありがとうございます

今日の埼玉県さいたま市のお天気は?
 2011年12月17日 土曜日
 ※政府は建設が止まっている八ッ場(やんば)ダム(群馬県)について、建設を再開
  する方向で調整に入りました。事業主体の国土交通省関東地方整備局が「継続が妥当」
  とした検証結果を踏まえ前田武志国交相が最終判断するようです。

 天気 はれ
 気温 3℃(PM6:00)
です。

 「これぐらいまぁいいか」

 「そのうちタイミングが合ったら」

 「まだ、大丈夫でしょう」

 その気持ちの積み重ねが

 後に大きなトラブルにつながる

 多くの人は

 問題になってから

 「やろうと思っていた…」

 と口々に言う

 それから解決しようとすれば

 莫大なエネルギーが必要になる

 何事も早く対処するに越したことはない

 ひとつでも先手

 一歩でも先回り

 1時間でも前倒し

 その差が

 のちに大差となる

(小田真嘉氏成長のヒントブログより)

 BY との

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665