川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

温暖化ガス過去最高

 先日、WMO(世界気象機関)が世界各地の地上観測点や船舶
航空機などで大気中の濃度を測定した年間平均値を発表しました。

その結果によると・・・

ガス種  測定値 (昨年比増加数値)
CO2濃度 386.8 ppm ( + 1.6ppm )
CH4濃度 1,803 ppm ( + 5ppb )
N2O濃度 322.5 ppb ( + 0.6 ppb )

18世紀~19世紀の産業革命時代と比較すると・・・

CO2濃度  + 38%
CH4濃度 + 158%
N2O濃度  + 19%

いずれも高くなている結果となりました。

濃度上昇の原因は定かでありませんが、北極圏永久凍土が溶け出した
地中からCH4ガスが放出されたこと、2007~2008年の熱帯地帯の多雨
により湿地が拡大したことなどが挙げられています。

大気の組成がわずかながらも変化しているということは、地球環境全体
が大きく変動しているということに間違いはなさそうです。

大きな変化が日常生活に影響がないことを願いたいと思いますね。

  by との

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665