川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

水没漏れ試験

 容器の漏れを検査する一番簡単な方法は、自転車の
ゴムタイヤを水没させて気泡が出てくるの様子を確認
する水没漏れテストがあります。これは漏れの大きさか
らいって大きめの漏れになります。
 真空チャンバーや精密機器など漏れを限りなく少ない
状態で確認するためにはヘリウムリークディテクターなど
のように微小リークを検出する漏れ検査機器が必要です。
それでは水没試験での気泡の量と精密漏れ検査の漏れ
の量はどのような関係なのでしょう?

             漏れ量の換算
1気泡が出てくる時間   ヘリウムリーク換算
1.6 sec        2.6×10-4 Pa・m3/sec
5.0 sec        8.8×10-5 Pa・m3/sec
16.0 sec        2.6×10-5 Pa・m3/sec
48.0 sec        8.8×10-6 Pa・m3/sec
96.0 sec        4.4×10-6 Pa・m3/sec
16.0 min        4.4×10-7 Pa・m3/sec
116.0 hr         1.0×10-9 Pa・m3/sec

 5秒で10 -5 Pa・m3/sec ですから、ブクブク出ていたら相当な
漏れの量ということになります。逆によく見ていて1分以上じっと
凝視して10 -6 Pa・m3/sec 台ですので、10-8 や 10-9 Pa・m3
/secなどの量は極めて少ない漏れの量だということが解りますよ
ね。

 ヘリウムリークディテクターや検出用ヘリウムガス、スプレーガン
ヘリウムガス用調整器など川口液化ケミカル株式会社までお気軽
にご相談ください。

TEL 048-282-3665

ありがとうございます。
よろしくお願い致します。

今日の埼玉県のお天気は?
 2月9日
 天気 くもりのち雪
 気温 1℃

です。
今年2度目の大雪になりましたね。
明日が日曜、祝日と連休ですので平日の
仕事に支障なく済みそうで良かったですよね。

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665