川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

溶接用アルゴンガス

金属と金属を接合する為に、溶接という方法が
一般的には多く用いられます。

ステンレス溶接は、電気の力で金属を溶かして完全に
二つの金属が接合されます。
溶接棒など利用し、接合する母材以外の材料を溶かして
接合する方法もあります。

そのとき、大気中で金属は非常な高温に曝され
空気中の酸素と金属が酸化反応します。
そうすると「焼け」と呼ばれる酸化膜が出来ます。

単純に酸素雰囲気21%の状態で溶接をしますと
酸化膜は相当強固に出来てしまいます。
溶接自体の強度や仕上がりにも影響します。

そのとき酸素21%をなくせば、参加し難くなりいます。
それが溶接用シールガスです。
ステンレスの溶接では、主にアルゴンガスが使用されます。

アルゴンガス雰囲気でアークを発生させ、そのエネルギーで
ステンレス鋼を溶かして接合し、合わせて酸素をシールガスの
アルゴンで遮断し酸化膜ができるのを防ぐわけです。

高圧ガス、低温機器、真空機器
川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665

ありがとうございます。

今日の格言
理想への挑戦とは?
「理想とは、精神が秩序を予見することである。
 精神は精神であるから、つまり永遠をかいま見る
 ことができるから理想をもちうる。」
(アミエル)

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665