川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

容器に穴

去る四月十六日、千葉県にある製油所でガス
が原因の爆発事故がありました。

爆発があったのは製油所の敷地内にある
「重油間接脱硫装置」付近の重油と水の配管に
近接する水素製造装置の各一カ所に穴が開い
ていたことが起因する様子。

脱硫装置 とは?

「石油から硫黄分を取り除く装置。原油はまず常圧
 蒸留装置を使い、沸騰する温度の違いを利用して
 ガス、ガソリン、ナフサ、灯油、軽油、重油などの
 成分に分離されます。その後、脱硫して石油製品
 が出来上がります。
 重油成分は直接脱硫装置で水素化脱硫して重油
 とする一方、減圧蒸留装置で分離させた軽い成分
 はさらに重油間接脱硫装置で硫黄分を抜き取ると
 いった工程を経て、ガソリンなどがつくられるのです。

 現場調査の結果、高圧ガスを保存する容器肉厚が減少
していたため、内部の圧力に耐えきれなくなったとの見解。

 昨日も高圧空気内での酸素ガスによる支燃性雰囲気が
事故に繋がる経緯がありましたが、経時変化により金属製
高圧ガスタンクが変質し事故に至ることもあります。

 特に水素ガスは、金属内に水素が沁みて金属脆性を起すことが
知られており注意が必要です。
 
 燃料電池に実験を行う際にも、設備の材質、機器、機種選定には
十分ご注意を!

高圧ガス、低温機器、真空機器
川口液化ケミカル株式会社
TEL 048-282-3665

ありがとうございます。

今日の格言
人の一生とは?
「四十歳で愚かものはほんとうの愚かものだ。」
(ヤング)

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665