川口液化ケミカル株式会社へのお問い合わせはこちらまで。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ 048-282-3665

安全の第一歩はLPガスの性質を知ることから

1.空気よりも重い

LPガスは空気よりも重く、もれると低いところや物かげにたまる性質があります。

2.ニオイをつけてある

LPガスそのものは無色無臭ですが、もれたときに分かるようにタマネギが腐ったようなニオイをつけてあります。

3.燃焼にはたくさんの空気が必要
LPガスが燃焼するためにはたくさんの空気が必要です。

4.クリーンなガス
LPガスそのものには人体に有害なCO(一酸化炭素)は含まれていません。

  • ただし、換気不足などで不完全燃焼を起こすとCO(一酸化炭素)を発生します。
  • LPガスそのものは炭化水素なので、大量に吸い込むと意識を失ったり、窒息することもあります。

5.液化した状態で容器(ボンベ)に入っている
LPガスは圧力をかけて液化した状態でLPガス容器(ボンベ)に入っています。

  • 容器のそばでたき火などをして容器の温度が高くなると、圧力が上昇して安全弁が作動し、空気中にLPガスを放出することがあります。
  • 液体のLPガスが皮膚に触れると凍傷になることがあります。

川口液化ケミカル株式会社へご相談・ご質問ございましたら、ご連絡をお願い致します。9:00〜17:00(土日祝日を除く)

WEBでお問い合わせ  048-282-3665